MENU

トレンディエンジェルの若ハゲ考察

M1グランプリで栄えある11代目のチャンピオンとなったトレンディエンジェルですが、
トレンディエンジェルといえば若ハゲの二人として有名です。

 

トレンディエンジェルの持ちネタとしても、ハゲネタは欠かせませんが、
二人は一体いつから若ハゲに悩まされているのでしょうか。

 

ボケの斉藤司さんがハゲたのは23歳の時だそうです。

 

当時の斎藤さんは求人広告会社で飛び込みの営業の仕事をしていたそうです。
飛び込み営業と効くだけでかなりストレスが高い仕事だと想像がつきますね。

 

斎藤さんは、仕事が忙しい上に彼女と遠距離恋愛が続いていたことが重なってストレスが増え、
若ハゲになってしまったそうです。

 

斉藤司さんの髪の毛が多かった頃はかなりイケメンだったといいます。
彼は声もよく歌も上手ですから、髪の毛が多かった頃はかなり女性にモテたでしょうね。

 

ツッコミの須藤敬志さんがハゲたのは、なんと小学校3年生の時だといいますからかなり小さい時から若ハゲでした。

 

みんなにハゲと言われていたそうですが、野球部に入って丸刈りをしていたのでそれほどつらさを感じなかったようです。
たしかにハゲていることが気になったら、思い切って丸刈りにしてしまったほうが良さそうです。

 

普通の男性であったらどんなことがあっても隠したいと思うはずの若ハゲを
堂々と表に出してお笑いにして勝負しているトレンディエンジェルの二人。

 

若ハゲのネタだけが売りではなく、特にボケの斉藤司さんはダンスもできて歌も上手、
髪の毛があればイケメンで人気が出たかもしれないという人材ですから、
若ハゲのネタ以外にも才能を発揮するところがありそうです。

 

M1グランプリをとってこれからも大活躍することが予想されているトレンディエンジェルの二人ですが、
男性にとっての悩みの種である若ハゲをお笑いネタに出来る強さを武器にして、これからも頑張ってほしいです。

 

トレンディエンジェルの存在は若ハゲで悩んでいる男性たちの希望の星になりそうです。