MENU

ジェネリックについて

病院で処方された処方箋を持って薬局に行くと、ジェネリック医薬品を使ってもいいものか聞かれることはよくあります。
ジェネリック医薬品とは普通の医薬品とは違うものなのでしょうか。
ジェネリックの育毛や発毛
医療機関で処方されたものは医療用医薬品と呼ばれていますが、医療用医薬品は二つに分かれます。

 

一つが新薬といって通常処方される薬であって、もう一つがジェネリック医薬品です。

 

新薬は研究開発の結果、大丈夫だとわかって一般の人に処方されるようになった一番最初の薬です。
それに対し、ジェネリック医薬品は新薬と同じ効き目や品質、安全性があるもので、
新薬の特許期間などが満了してから発売される薬です。

 

ですから、新薬とジェネリック医薬品には中身についてはほとんど違いがありません。

 

しかも後から発売されたこともあって、飲みやすさなどについては新薬よりも改良されていることがあります。

 

新薬とジェネリック医薬品は値段が異なります。

 

ジェネリック医薬品を選択した場合、薬の費用をかなり下げることが可能です。

 

どうして同じようなものを使って作っているのに代金が変わるかともうしますと、新薬に課せられる開発費や研究費がジェネリック医薬品にはかからないからです。

 

新薬を生み出すということはかなりの時間と労力が必要とされますので、薬の費用がかかるのは仕方ありませんが、
ジェネリック医薬品は新薬の研究を元に作られた薬ですので、それほど手間はかかっていません。
ですからジェネリック医薬品は費用がかからないのです。

 

ジェネリック医薬品が後から作られた薬ということを聞くと、安心のためにお金が高くなったとしても、
ジェネリック医薬品よりも新薬を選ぶという方は少なくありません。

 

しかし、ジェネリック医薬品は品質や安全性の管理についてはしっかりしていますので心配する必要はありません。
同じ効果を得られて、しかも安く済ませることが出来るわけですから、ジェネリック医薬品を使うことも検討に入れてはいかがでしょうか。