MENU

ミノキシジルの効果と副作用って気になりませんか?

悩みの薄毛をなんとかしようと使っている方も多いミノキシジルですが、
ミノキシジルってどんな薬

ミノキシジルにはどのような効果が有るのでしょうか?
また使い続けることで副作用はないのでしょうか?

 

ミノキシジルは高血圧の薬として用いられてきました。

 

高血圧の方は血管が細くなって血の流れが悪くなったことによって起こる病気です。
ミノキシジルは細くなった血管を広げる作用がありますので、血液の流れを良くすることから高血圧の治療として使われてきたのです。

 

血管が広がって血液の流れが良くなるということは、細い血管を通って髪の毛の先まで栄養が届くということです。
薄毛は髪の毛に栄養が届かないことによって起きますから、血液が栄養を贈ってくれれば髪が抜けることはなくなり、薄毛も解消します。

 

それだけで聞きますと薄毛に非常に効果が高くて安心して使える育毛成分だということがわかりますが、
効果が高い分だけミノキシジルには心配な副作用があります。

 

まず気になるのはもともと低血圧の方です。

 

高血圧の薬として用いられてきた成分ですから、ミノキシジルを飲んだり塗ったりすることで、
低血圧の方はさらに血圧を下げてしまう可能性があります。

 

貧血を起こしたり、体調を崩してしまう方も多いですから、低血圧の方がミノキシジルを使うことは危険が伴います。

 

次に考えられる副作用が多毛症です。

 

飲むタイプのミノキシジルですと体全体に薬の成分が広がりますから、髪の毛だけに効果が現れるわけではありません。
ですから、急にひげが濃くなってしまったり腕や足の毛だけが濃くなってしまう方もいらっしゃいます。

 

そしてもう一つ指摘されている副作用が性的不能や性欲減退です。

 

科学的な根拠はありませんから必ず起きる副作用だというわけではありませんが、実際に性的不能や性欲減退を訴えている男性は多いです。

 

必ず起きるわけではないと言われても、男性にとってこの副作用はかなり心配ですから、
子作りなどを考えている方は少し待ったほうが良いかもしれません。

 

 

ミノキシジルについての色々

 

ミノキシジルは薄毛の治療に用いられる薬の一種ですが、飲むミノキシジルであるミノタブと
育毛剤として髪に直接つけるミノキシジルリキッドがあります。

 

ミノキシジルは最初から薄毛の治療として使われていたものではありません。

 

ミノキシジルは血管を広げる作用があることから高血圧の治療に用いられてきました。
1970年代後半から血圧降下剤としてアメリカで薬として使用されていましたが、ミノキシジルの副作用として指摘されたのが多毛症でした。

 

ミノキシジルを飲むことによってひげが濃くなったり、髪の毛が増えたという副作用が多く報告されるようになったことから研究が進められ、育毛剤として使われるようになったのです。

 

現在でも高血圧の方が血圧を下げる薬の成分として使われていますが、ミノキシジルは育毛剤として知れ渡っています。

 

ミノキシジルが育毛剤として発売されるようになったのは1996年のアメリカが始まりでした。

 

人間とほぼ同じような形で男性型脱毛症の症状が現れると言われているベニガオザルで実験した所、ハゲたところに毛が生えたことがわかり、臨床実験の末に発売されたのです。

 

日本で発売されるようにアメリカから個人輸入でミノキシジルを手に入れていた方も多かったです。

 

日本でミノキシジルを配合した育毛剤を発売するようになったのは1999年のことでした。
最初は塗り薬だけしかなかったミノキシジルですが、その後、ミノキシジルを飲むタイプの薬にしたミノタブが発売されるようになりました。

 

塗り薬と飲み薬では薬の効き方が全く異なります。

 

塗り薬は頭皮に塗ることで毛穴から毛乳頭に成分が伝わって発毛を促すのですが、
飲み薬は体の内側から働きかけて毛乳頭に直接届けられます。

 

どちらのかたちでも薄毛に効果が高いと言われていますが、体の内側から働きかける飲み薬のみのタブですと、
髪の毛の全体の薄毛に効果を発揮して、全体の薄毛を解消することができることから人気を集めています。