MENU

若はげ原因で主な3つを上げました

男性で髪の毛に不安を持っている方は多いです。
若はげが怖いんです
まだ若いうちから薄毛になることは避けたいですよね。
まだ若いのに若ハゲになる理由はどこにあるのでしょうか。

 

一つ目の原因は遺伝です。

 

親が若ハゲならば自分も必ず若ハゲになるとは限りませんが、親がはげていると子供が若ハゲになる可能性は非常に高いです。

 

まだ自分は禿げていなかったとしても、親がはげているという方は用心してください。

 

二つ目の原因は髪を傷めつけた結果です。

 

何度もパーマをかけたり髪を染めたりすることはファッションの一つなのですが、
どちらも髪の毛にはかなりの負担がかかっています。

 

負担がかかることをしょっちゅうしていると、髪の毛はすっかり弱くなってまだ若いうちから抜けてしまいます。

 

三つ目の原因は毎日の生活習慣によるものです。

 

残業が続くなどの理由で毎日帰りが遅くなっていると寝不足に陥るために若ハゲになる方は多いです。

 

また一人暮らしでどうしても外食やコンビニのお弁当ばかりになるなど、
栄養の偏りがあって脂っこいものばかりを食べていると、髪の毛が育つ栄養が足りていませんから
若ハゲの原因になります。

 

若ハゲの原因として一番多く考えられるのは遺伝です。

 

同じように生活が不規則でパーマや髪染めをしているだけなのに、人によって若ハゲになる人とならない人がいます。
生活や髪を傷めつけたことで若ハゲになる方は、遺伝などで髪の毛が影響を受けやすい方です。

 

遺伝的に若ハゲになりやすい体質だと知るとがっかりしてしまいますが、生活習慣を整えたり睡眠時間を確保するなどの対策を取ることで遺伝的にはげやすくても髪を守ることができます。

 

自分は若ハゲになりそうだけれど遺伝だから仕方ないと諦めてはいけません。

 

対策を取ることでいくら遺伝的に若ハゲになりやすくても若ハゲにならないよう予防することができますから、
諦めずに生活習慣の改善から始めましょう。