MENU

禿げの遺伝は母親側の祖父からしかしない?

男性型薄毛は遺伝によるものが大きいと言われています。
母方の遺伝で禿げるんです

 

同じ遺伝でも、自分の父親からの遺伝というよりも、母からの遺伝が大きいという噂があります。
そのため、父親の家系よりも母方の祖父や叔父などをチェックすべきだと言われていますが、本当のことなのでしょうか。

 

ハゲが母方の家系の遺伝によるものが大きいという説は正しいです。

 

その理由は染色体にあります。

 

人の性別は性染色体によって決まり、男性はX染色体を母親から、そしてY染色体を父親から受け継ぎます。
髪の毛の成長に大きな作用を及ぼすのはX染色体ですから、母親の持つX染色体によってハゲるかハゲないかが決まります。
そのため母型の祖父や叔父などがはげていると、自分もハゲる可能性があります。

 

遺伝という面で見れば母方の家系をチェックしなければいけないのですが、母方の家系は誰も禿げていないのに、父親がハゲていて自分もハゲているという場合もあります。

 

この場合ハゲてしまったのは父親からの遺伝ではなく、生活環境の問題です。

 

家族は同じ食生活を送り、同じように寝起きしていることが多いです。

 

現在は親と別々の生活を送っているとしても、長い間一緒に暮らしていた父の生活とつい同じような生活をしてしまうという方は多いです。
お酒をたくさん飲む、または夜ふかしをするなどのハゲる原因を作る生活を父親が送っていたとしたら、
自分も気が付かないうちに真似をして同じようにハゲてしまうこともありますから、注意することが必要です。

 

現在の自分はまだ髪の毛がふさふさしているとしても、父親がハゲている場合、
または母方の親戚がハゲている場合は気をつけてください。

 

母方の家系でハゲている方がいるならば、遺伝による体質ではげやすいはずです。

 

また父親がハゲている場合は無意識に父親と似たような生活を贈ったことで同じようにハゲてしまうことがあります。

 

親戚の誰かがハゲているのであれば油断をセずに、早いうちから髪を守る努力をしましょう。